ライズワンの出している話題のFX自動売買ソフト『FONS(フォンス)に迫る!』

FX自動売買ソフトは無料から有料までピンからキリまでありますが話題沸騰中のFX自動売買ソフトライズワン『FONS』をリサーチしていきます。
ライズワンの出している話題のFX自動売買ソフト『FONS(フォンス)に迫る!』 TOP >

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ニュースで話題のFONSで10倍返しだ!

今年最高のヒットとなったドラマ「半沢直樹」(TBS系)。

9月22日の最終回放送分は平均視聴率42.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)をマークするなど、
高視聴率のまま幕を閉じた。銀行を舞台にした激しい出世競争、
さらには「倍返し」を決めゼリフとする堺雅人が演じる主人公・半沢直樹の痛快な復讐劇が人気を集めた。

言いたいことを言えないサラリーマンにとって、半沢が正論を吐きながら上司に勝利していく姿はまさに憧れであり理想。
だが、自分の置かれた環境に目を戻してみるとどうか。狭い会社内の人間関係で重視されるのは何より「和」の精神。嫌いな上司に盾突き土下座までさせて、
その後ものうのう生きていけるかは疑問だ。ただし、現実的に上司への「復讐倍返し」は難しいとしても、
自分の収入を倍々に増やし生活レベルを逆転、見返すことはできる。

平成23年民間給与実態統計調査によると、年間給与額が1000万円を超えるのは給与所得者全体のわずか3.9%で、
年収300万円以下の割合はなんと約10倍の40.8%が占めている。
だが、この数字にはカラクリがある。これはあくまでも会社から支給される給与額であって、
サラリーマンが実際に手にしている「総収入」とはイコールではない。
つまり、ここには「副収入」が含まれていないのだ。

この副収入を含めた「総収入」で、自分の手取りを「倍返し」している勤め人の存在は統計には現れない。
会社の給料だけでは満足できないという、どん欲な人たちには株式投資やFXといったネットトレードで副収入を得ているケースもある。
とくに初心者向けの自動売買システムが発達し、24時間取引可能で、10万円程度の少額資金から始められるFXの人気は急速に広まっている。

本業を持ち、売買に時間を割けない多くのサラリーマンに支持を受けたのは自動売買システムだ。
その中でもライズワンが販売する「FONS」は多くの支持を受けているようだ。
従来の自動売買システムは急な相場の変動やプログラム想定外の市場への対応が難しかったが、
「FONS」はAI(人口知能システム)搭載によりソフトが学習。24時間相場を監視し、
全ての相場を記憶することができる。
これは専門家が自分の代わりに相場を監視して運用しているのと同じことになる。
投資で損する原因は欲張ったり、焦ったりする人間の誤った判断がほとんどだが、
「FONS」はインストールするだけで、最適な取引を淡々と自動で行ってくれる点が人気の理由だ。

いわば自動でお金を稼いでくれるソフトというわけだ。
事実「FONS」は5年間にわたるバックテストにおいて、
年利80%という結果を出している。

この「FONS」の資料請求は無料で、
現在300円分のクオカードがもれなくついてくるキャンペーンを実施中とのこと。
FXの仕組みについても詳しい解説が載っている。

「手取り倍返しだ」とばかりに会社での出世や昇給に期待せず、
副収入を稼ぎに走る男たち。
彼らは給料ではなく「総収入」を増やすことで、上司を見返しているのかもしれない。

FX自動売買ソフト≪FONS≫評判はこちら

スポンサーサイト

金持ちは、嗅覚テストに合格しなければならない?

イギリスの大手ヘッジファンド『ウィントンキャピタルマネジメント』の創業者デビッド・ハーディング氏は、メディアの取材に対し「金持ちは嗅覚テストに合格しなければならない」と答えたという。



これはサンデー・タイムズの取材で「納税」について語った見解なのだが、いわゆる富裕層が社会に受け入れられるためには、中産階級や公務員らの怒りを買わないように税金をきっちりと支払うべき、ということらしい。金持ちが妬みの対象となってしまうということは、どの国でもあるようだ。



とはいえ「お金持ち」は嫌いという方は多いが「お金」じたいが嫌い、という方は少ないはず。特に昨今のように長引く不況下では、日々の生活費を稼ぐのだって一苦労だ。経済不振が続くEU圏はもちろん、日本でも国税庁の調査によれば、2011年に民間企業の会社員やパート従業員が得た平均給与は409万円で、2年ぶりに減少したことがわかったという。



そんな中、サラリーマンの副業として、FXの自動売買ソフトが注目を集めているようだ。



これは自分のパソコンにソフトをインストールしておくと、独自のプログラムによって自動でFX取引をしてくれる、というもの。特にライズワンが発売している「フォンス
」は旧来の自動売買ソフトと一味違うと評判だ。というのも、人工知能が搭載されており、急激な市場の変化にも対応できるという。昨今のような乱れた経済・政治状況に最適な商品といえるのかもしれない。



自分が本業で働いていたり、プライベートを楽しんでいる間も、ソフトが24時間相場を監視し、まるで専属プロがついている様な取引してくれるというスタイルは、まさに副業にうってつけ。ライズワンのウェブサイトには恩恵にあずかったビジネスパーソンがその声も掲載されておいる。



もちろんソフト購入には資金が必要だが、多くのケースでは運用ですぐに回収できているようだ。手堅い収入アップ法として、選択肢のひとつに加えてみてはいかがだろうか。(詳細はこちら




ライズワンでは「フォンス」の資料請求をすると、FXそのものの仕組みについても、詳しく解説した資料を無料で送付してくれるとのこと。FXでの副業および自動売買ソフトに興味のある方は、問い合わせてみると良いだろう。しかも、今ならもれなく300円分のクオカードもついてくるキャンペーンを実施中とのことだ。


[PR企画]



■関連リンク

人工知能を搭載したFX自動売買ソフト「フォンス」はこちら

すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ




過去平均年利80%以上の自動売買ソフトはここ


ライズワンのFONSこそが完成された自動売買ソフトであり最新の資産運用のスタイルです。
ソフトの設定も簡単設定なフォンス!




⇒ FX自動売買ソフト【FONS】の詳細はコチラ

[ 2012/10/04 12:24 ] FONSソフト | TB(0) | CM(0)

FXソフトFONS(フォンス)のメリット、デメリット

FX自動売買ソフト「FONS FX」のメリット



安定した取引が可能

相場は時に急な事象により大きく変動することがあります。そんなときに常に情報分析してプログラムをを更新している「FONS FX」なら損切りも徹底しており、大きな損失を被ることはないので常に安定した取引ができます。



完全自動なので預金感覚で資産運用が可能

「FONS FX」は一度設定しておけば後は自動で売買してくれます。だから知らないうちに残高が増えていくといった感覚が味わえます。



サーバーで管理するから安心!

パソコンが故障したり、停電により使えなかったりといった“不測の事態”が起これば取引が困難になり、そうこうしているうちに相場は日々変動していきます。
「FONS FX」ならサーバーで管理しているのでそのような心配はありません。
しかも設定は簡単なので初心者でも簡単に操作できます。

FX自動売買ソフト「FONS FX」のデメリット

相場の動きにより取引回数が変わる。

相場には動ける時と動いてはいけない時が存在します。FXで負ける人は、えてして動いてはいけない時に動いてしまうところに原因があるものです。
プロと個人の違いはこうしたところにあり、客の資産をある程度増やさなければならないプロに対して、個人は増やさなければいけない義務はありません。
ですから“休むも相場”を実践するには逆にメリットにもなるのです。考え方の違いです。

対応しているFX会社が限られている。

「FONS FX」は一流トレーダーや金融工学のプロ、数学者の英知を結集した最新のロジックを採用しているのでFX会社もおのずと限定されてしまいます。

相場の動きが少ないと利益が出しにくい

金融の世界では、資産運用会社はその多くが人の経験や金融工学に頼って客から預かった資産を増やしていますが、すべてが上手くいくとは限りません。その理由は“人の感情”が入ってしまうからです。リーマンショックやヨーロッパの金融危機ではそうした“錬金術は”通用せず多くのトレーダーが退場していきました。



そんな中で人の感情は一切無視して機械的に売買するヘッジっファンドが頭角を現してきたのです。相場が大きく動けば動くほど資産が増えるような仕組みになっているのです。



FX自動売買ソフト「FONS FX」はその中の一つで人の感情は入りません。ですから安心して売買できるのです。



ただ、そんな優秀なソフトでも相場がほとんど動かないと資産を増やすことはできません。
これが唯一の欠点といったところでしょう。
しかしこれも個人トレーダーが我慢すれば済むことです。相場が動き出した時に挽回すればいいのですから。



過去平均年利80%以上の自動売買ソフトはここ


ライズワンのFONSこそが完成された自動売買ソフトであり最新の資産運用のスタイルです。
ソフトの設定も簡単設定なフォンス!




⇒ FX自動売買ソフト【FONS】の詳細はコチラ

[ 2012/09/18 11:47 ] FONSソフト | TB(0) | CM(0)

自動売買ソフト FONS(フォンス)

面倒さを逆手に取る

まず考えられるのは「面倒さを逆手に取る」ということです。取り崩しが面倒であるということで、取り崩しをためらい、結果として取り崩しが実行されないのであれば、結果オーライというわけです。

具体的には証券口座で投資信託等を保有する方法が有効です。まず投資信託やETFを売却すると実際の資金の受け渡しに数日かかります。証券口座から銀行口座に入金指示をすれば翌日以降になることが多いでしょう。
「ああ、この口座からおろすのに3日かかるなら、やめておこうか」と自分に言い聞かせることができれば成功です。

財形年金なども解約には手間がかかります。日数がかかるうえ、会社によっては上司の社内決済が必要だったりしますので、「解約は面倒」の効果は高まります。
私の知人は、一般財形の解約をしようとしたら、『何を買うのか』『いくらおろすのか』『(車を買うなら)車種は何か』など根掘り葉掘り聞かれ、解約が嫌になったそうです。そこで財形制度加入そのものを止めるのではなく、あえて財形制度には入って面倒だから解約はできるだけしない、というのがうまいやり方です。

そもそも解約できなくする

次に考えられる方法としては「そもそも解約できない口座にする」という方法です。制度上も解約困難である口座としては、公的な制度の活用があげられます。個人型の確定拠出年金、国民年金基金、小規模企業共済などの制度を使うことができれば、解約の要件が厳しいため、そもそも解約できずに老後資産形成が続けられます。

個人型の確定拠出年金は、原則として60歳まで解約できません(50万円を超えてしまうと事実上解約は不可能)、老後資産形成に向いています。国民年金基金や小規模企業共済なども原則として給付時点まで受け取れません。小規模企業共済は個人事業主を廃業した場合や任意解約がありますが、利率は下がります。基本的に解約は損と考えたほうがいいでしょう。

上記3つの制度はいずれも税制優遇があるため、活用の妙味のある制度です。無理のない範囲で掛金を拠出しておくと確実な老後資産形成になるでしょう。

無理のない積立も有効

もちろん、取り崩さなくてすむ程度の積立にし、他の資金ニーズには別途資金準備を手当てすることも大切です。目の前のお金のやりくりにも窮するほどやみくもに老後資金準備の積立をして、結局老後資金準備額を全部取り崩すようでは意味がありません。

老後資金準備のための積立額は無理のない範囲で設定することや、残りの金額でしっかり生活を行えるよう家計管理に注意するようなことも、結果として老後資産形成を進展させる力となります。

実は老後資産形成は、住宅ローンや教育資金準備、毎日の家計とも密接に関連した総合問題なのです。

合理的ではない自分を認めること

行動ファイナンスの例が示すように、人は合理的な投資行動を取ることが難しい生き物です。というより、合理的な投資行動を取れないからと気に病む必要はないと思います。

もしあなたが合理的な人間であれば、年収の20%程度を貯蓄し、市場の動向に左右されずリスク商品を購入し、かつ安定的な資産運用を行いつつ、毎月の家計でも無理やムダのない消費を行うでしょう。しかし、そのようなスーパーマンは存在しません。映画のスーパーマンですら日々、人間として悩んでいたのですから、私たちが非合理的な行動を取れずに悩んでいてもいいのです。

投資について私たちが学ぼうとすると、マッチョ思想というか体育会的思想が顔を出すことが多くあります。ガマンや努力、根性や忍耐が必要だ、というものです。
私は、誰でも投資をする世の中において、そのような体育会系思想がなければ実行できない投資はおかしいと考えています。むしろ誰でもできることが重要です。
であれば、非合理的な自分であっても、資産形成を行えるように「仕掛け」を積極的に考えてみることは、うまいやりかたではないでしょうか。

自動的な引き落としを活用した積立は、任意拠出での資産形成よりよほど確実にお金を貯めさせます。口座を余裕資産の運用と老後資産形成で分けるようなことは行動ファイナンスに言うメンタルアカウンティングの悪例を逆手にとって老後資産を守る方法です。解約が面倒である口座の活用も、非合理的な自分が解約をする誘惑から老後のお金を守ってくれます。

非合理的である自分をあっさり認めてしまうと、資産運用の選択肢はまた違ってきますし、実行が簡単な方法を選ぶこともできます。非合理的な自分から、老後資産を守る方法を工夫してみるといいでしょう。



過去平均年利80%以上の自動売買ソフトはここ


ライズワンのFONSこそが完成された自動売買ソフトであり最新の資産運用のスタイルです。
ソフトの設定も簡単設定なフォンス!




⇒ FX自動売買ソフト【FONS】の詳細はコチラ

[ 2012/09/12 17:53 ] FONSソフト | TB(0) | CM(0)

完成された自動売買ソフトFONS(フォンス)

老後資金準備は減らさないことが大切だ

老後資金準備という着眼点で資産運用を捉えるシリーズですが、老後資産形成において重要なことは「大きく減らさないこと」です。この点については、前回も資産運用方針においてリスク管理の方法を述べてきました。

特定のアセットクラスに対する集中投資を避け、インデックス運用を採用するだけで、価格変動のレンジは大きく狭まります。老後資産形成においては、投資を続けるためにも、リスクを抑え、価格変動幅を小さくする工夫が有効です。

今回はもう少し違ったアプローチで老後資金準備を減らさないテクニックを考えてみます。老後資産を「大きく減らす」もう一つのリスクが私たちにはあるからです。

取り崩さないような工夫を「強制的」に作る

老後資産を大きく減らすもう一つのリスクは、「取り崩し」です。老後資産形成は、取り崩さないことも重要です。
資産運用で大きく損失を出してしまうと回復が大変になるのと同様に、手元の資金ニーズで取り崩しをしてしまうと、その分を取り返すことは容易ではないからです。
1,000万円ある老後資産を軽い気持ちで20万円崩すことは簡単ですが、20万円運用で取り返すのは簡単ではありません。毎月の積立が仮に2万円でも10カ月かかります。

取り崩す、というのは、今ある老後資産形成用の口座から、お金を引き出すということです。それは自分で指図しなければ実行されないわけですから、自分自身の精神的な問題でもあります。
かといって、「辛くても、意地でも下ろすな」というような根性論を持ち出すのはあまりうまくありません。むしろ無理してガマンした末に一度取り崩しをはじめると、ずるずると解約してしまうおそれがあります。うまい方法はないものでしょうか。



過去平均年利80%以上の自動売買ソフトはここ


ライズワンのFONSこそが完成された自動売買ソフトであり最新の資産運用のスタイルです。
ソフトの設定も簡単設定なフォンス!




⇒ FX自動売買ソフト【FONS】の詳細はコチラ

[ 2012/09/08 16:13 ] FXで資産運用 | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。